人気ブログランキング |

Inagaki Design Works News

idwnews.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お客様( 13 )

お客様より商品写真をいただきました

先日、東京のお客様がシーパルランプシェードを購入されまして
関東で大雪が降ったころに出荷をしましたところ、
無事届きましたというご連絡と共に商品の写真を送っていただきました。

その写真がとても素敵でしたので
ブログに掲載しても良いでしょうか?と問い合わせたところ
折角掲載されるのであればもう少しこだわってみたいので今しばらくお待ちくださいという
ご返答をいただきました。

実はこのお客様は「身の丈暮らし ~築60年の中古住宅とともに~」というブログをされていまして
http://minotakego.exblog.jp/
築60年の中古住宅をご購入されてからご自分たちのペースでリノベーションをされています。

そして昨日、とてもたくさんの写真が送られてきたと同時に
ブログの中で私の事もご紹介していただきました。
ブログにはまだ続きがあるようでして、
私に送っていただいた写真もまだ未掲載でしたので
沢山の素敵な写真の中から1枚だけ、先に掲載させていただきました。

このように、私がデザインしました商品を通じて
今まで縁の無かった方々と知り合うことができるという事は
とてもありがたいなぁと思うと同時に
今までデザインの仕事をしてきて良かったなあと感じる瞬間でもあります。

これからも良いデザインの商品を作り続けていき、
それらを通じて多くの方々と知り合うことが出来ればと思っています。


稲垣 巌


Inagaki Design Works
http://www.inagakidesignworks.com

f0271898_10262871.jpg


by inagakidesignwork | 2018-02-06 10:55 | お客様 | Comments(0)

Gallery15を追加しました

福岡に本店のある飲食店 田中田様の新しい店舗に椅子をご採用いただきました。

東京都港区西麻布にできました新店舗「博多中」様は
鍋物をメインとしたコース料理のお店となっています。

博多の名物 水炊きやもつ鍋、九州産の豚を使った豚しゃぶ、
本マグロを使ったトロまぐろ鍋など
「田中田 西麻布店」と同様に最高の素材を使用した九州料理をご堪能いただけます。
鍋料理の他にも名物田中田カレーなどアラカルトやおつまみも充実しています。

ご使用いただきました椅子は新作のフラットチェアで
短い肘と背当たりの良い布張りの背板が特徴になっています。

関東のお客様にも
ぜひ博多中様で九州料理をご賞味いただければと思います。

稲垣 巌

Gallery
http://www.inagakidesignworks.com/gallery/

Inagaki Design Works
http://www.inagakidesignworks.com

f0271898_14422078.jpg

f0271898_1454504.jpg

by inagakidesignwork | 2016-06-14 14:54 | お客様 | Comments(0)

熊本に行ってきました 3

車中泊を終えた翌日は
家具会社を営むSさんのご自宅がある西原村に行くことにしていました。

SさんとWさんは昔からの知り合いで
私たちが福岡で集めた水などを送った相手がSさんでした。
Wさんも荷物を運んだ日以来行っていなかったそうなので、
私と共にSさんのご自宅に一緒に行くことになりました。

Sさん宅行く前に、
熊本市内で家具工房を開いているIさんの家具工房にも2人で行くことにしました。
Iさんの作品は伝統工芸館にも展示されていて、お会いするのは久しぶりになります。

工房に着くとIさんは、私達を快く出迎えてくれました。
地震の影響で立てかけてあった材料などが全て倒れてしまって
最近になってやっと片付けが終わったと言われていました。

木工機械や商品の破損などは運良く免れたそうで、
納品前の商品なども見せていただけました。
滞在中も余震が続いていましたが、Iさんは
「小さな地震はもう気にしなくなった」と笑っていましたのが印象的でした。

Iさんの工房を後にした私たちは、Sさんの自宅のある西原村に向かいました。
途中に地震の震源地でもある益城町を通過するのですが
天気が良かったせいもありますが、災害が本当にあったのかと思うくらい
のどかで、美しい田舎の風景の中を車を走らせて行きました。

ただ、美しい風景の中の所々にある、
日頃見ないような不自然に壊れた建物を目にする度に
やはりここは大地震が起こったところなのだと再認識させられました。

益城町を抜けるとSさんのご自宅にはすぐに到着しました。
Sさんのご自宅は広い西原村の中でもかなり熊本市よりに位置していて
美しい風景を望む緩やかな斜面に建っていました。

お宅では、Sさん、Sさんのお母様、Sさんのご友人がいらっしゃって
こちらでも暖かく迎えていただけました。
Wさんと私を加えた5人でお茶をいただきながらいろいろな話をしました。

話し込んでいるうちに昼食の時間になってしまいましたので
みんなで近くのカレー屋さんに行くことにしました。
このカレー屋さんは、インド人の方々が働かれていて、
地震当時も慣れない日本語での非難生活に大変苦労をしたそうです。
地震で観光客が減ってしまっている状況ですので
こちらの食堂でみんなで食事をすることも災害復興援助だという事で
みんなで食事をすることにしました。

この日は私たち以外にも作業服を着た復興関連の人たちなどでとても賑わっていました。
私とWさんは特大のナンにカレーが2種類、そしてなぜかご飯もついて(笑)
ドリンクにラッシーが付いたランチセットを注文しました。
本格的なインドカレーの味でとてもおいしく、みんなでたのしく食事をいただきました。


食事の後にSさんが車で、他の西原村の様子を見に連れて行ってくださいました。
西原村には古い民家も多く、断層近くの家々はかなりひどい状況で
胸が締め付けられる思いで車の中からその様子を見ていました。


この後は福岡の家具工場での用事がありましたので
それから少ししてから岐路についたのですが
今回、実際に熊本市や西原村を訪れてみて、元の日常生活に戻るまでは
まだまだ時間がかかることを痛感しました。

東日本大震災の時もそうですが
やはり実際に現地に行って、そこに住む方々から話を伺ってみないと
本当の大変さはなかなか理解できないのだなぁと思いました。
もちろん私もたった1泊2日でしたので、本当の理解には程遠いのですし
心の中の苦しさやつらさはきっと理解できないのだと思います。
ただその方々の気持ちに少しでも寄り添う事が出来ればと思いました。


今回の訪問に際し、機会を与えていただいたり、快く受け入れていただいた皆様、
大変お世話になりました。
これからも微力ですが、何かしらのお手伝いをしていこうと思います。

稲垣 巌

               西原村のカレー屋さん アソパラウ
f0271898_2072780.jpg

by inagakidesignwork | 2016-05-26 08:57 | お客様 | Comments(0)

熊本に行ってきました 2

お客様宅の修理を終えてから
同じ熊本市内に住むWさんのご自宅に向かいました。
Wさんは熊本在住のベテラン家具デザイナーで
若いころにはデンマークに留学し、ポール・ケアホルムに師事していました。
私とは、私がデンマークのPPムブラーに行く前に知り合い、
今では同じ家具メーカーでデザインを提供し合っていて、
いつもとても良くしていただいています。

Wさんのご自宅も地震の被害を受け、
一時期福岡の方へ、ご高齢のお母様と共に避難されていました。
その際にはWさんは1泊だけ我が家へ泊られました。
泊まられた翌日は、ご自身や私の知人方が手分けして集めた水や食料、医薬品などを
車一杯に詰めて、同じく被災されている方の元へ届けるために1人で戻られました。


その時以来の再会でしたが、Wさんのご自宅も屋根の瓦が落ちたりしていました。
Wさん宅で小休止後、Wさんと共に、私の商品を展示していただいている
熊本県伝統工芸館に向かいました。

伝統工芸館は熊本城の道を挟んで隣にあり、
運転をしながら、熊本城の悲惨な状況に目を奪われてしまいました。
伝統工芸館ももちろん無傷ではなく、
敷地内には無数の亀裂があり、土地の段差もかなり生じていました。


この日の夕食は私、Wさん、
そして熊本市内でビンテージ家具店を営むNさんの3人でした。
Nさんのご実家は地震の被害が最もひどい益城町でやはりご家族も被災されていました。
Nさんのお店も地震後約1か月間閉めていて、
余震が止む気配のない状況をとても心配していました。

夜はWさんのご自宅のそばで車中泊をしました。
Wさんはご自宅に寝ることをを勧めてくださいましたが、
初めから車中泊をしようと決めていましたので寝袋を持参していました。

私の車はワゴン車なので1泊だけ寝ること自体は全く問題ありませんでしたが
この日一日で見聞きしたことの考えると、ほとんど眠ることができませんでした。

稲垣 巌


                  伝統工芸館近くの熊本城城壁
f0271898_19445314.jpg

by inagakidesignwork | 2016-05-25 22:44 | お客様 | Comments(0)

熊本に行ってきました 1

先日の22(日),23(月)に熊本に行ってきました。

私のお客様で熊本市内にご実家がある方がいらっしゃるのですが
このご実家には高齢のお母様と妹様がお二人で住んでいるとの事。
今回の熊本地震では、敷地内にある2棟の住居があり
母屋の方は損壊がひどく、住める状態ではないという事でした。

もう一方の比較的新しい3階建ての住居にお二人で住まわれているのですが
女性2人という事でなかなか片付けが進まないようです。

落下した瓦などもつい最近になってボランティアの方々が袋何十枚分もの量を
片付けてくださったそうです。

地震が起きた直後は避難所で数日過ごされたそうですが
戻ってきてみるとなぜか1,2階が水浸し状態になっていたそうです。
それは地震で3階内部にある水道の配管が破損し、
断水していた為それに気が付くことができずに避難所に行っていたそうです。
そのうち断水が復旧し、破損した配管から水が流れ続け、
1、2階をずぶぬれにしてしまったという事でした。

家中を濡らした水は天井や壁の張り紙のあちこちを剥がしてしまって
その上そこにカビが生えてきてしまっていました。
地震で室内のドアなどが閉まりにくくなってしまった箇所もいくつかあり
日常生活に支障をきたしているそうです。


この話を知人を介して聞いた私はぜひ私でできることであればお手伝いさせてくださいと
そのお客様に連絡し、お客様と車で熊本市内に向かう事にしましたた。

日曜日の朝にお客様の福岡市内のご自宅から私の車で出発しました。
九州自動車道は思った以上に空いていて、順調に熊本市に到着しました。

住まわれている建物の方は、外観はあまり壊れた様子はありませんでしたが
中に入ってみると2,3階の壁に亀裂が縦に入っていました。
住まわれている妹様にお話を伺うと
いずれ大規模なリフォームをしなければならないが、業者が手一杯で
いつになるかわからないそうです。
それまでの間少しでも気分よく、落ちついて生活できるよう、
出来る範囲で良いので、修理をお願いしますと言われました。

私は自分の事務所の内、3部屋の壁や天井の壁紙は自分で貼り直しをしましたので
要領は分かっていました。
事前に購入していたカビ止め剤入りの糊を塗って、壁紙を貼り直して行きました。
1階から順番に張り直し、2階も終えてから、
今度は開きにくくなったドアなどの建具の修理を行いました。

昼食をいただいてから残りの作業を再開しました。
全てで半日ほどの作業でしたが、少しは生活環境が改善されたのではないかと思います。
他のボランティアの方々のように大変な作業ではありませんでしたので
お手伝いとしては大してた事はできませんでしたが、
今後もできるだけこのような活動を続けて行けたらと思います。

お客様のご実家を出た後は、同じ熊本市内のWさんのご自宅に向かいました。

稲垣 巌

                  崩落した熊本城にある神社
f0271898_10152563.jpg

by inagakidesignwork | 2016-05-25 17:27 | お客様 | Comments(0)

お客様への緊急のご連絡

先日、メールにてご連絡を下さいました中尾様
その後何度かメールをお送りしておりますが、どうもお送りできていないようです。

図面等もお送りしておりますので
ご確認いただきたく思いまして、こちらの掲示板にてご連絡いたしました。

お手数ですが、他のアドレスまたはお電話にて
こちらまでご連絡いただけませんでしょうか?
宜しくお願いいたします。

稲垣 巌
080-1726-4899
by inagakidesignwork | 2015-10-16 09:20 | お客様 | Comments(0)

林業ツアーに参加してきました

昨日、熊本県南小国町で行われました林業ツアーに参加してきました。

このツアーは「小国郷を行く「森と木工芸」の旅」と銘打たれまして
熊本県伝統工芸館が主催して行われたものでした。

良質な小国杉の産地である熊本県北東部に位置する南小国町は
古くから林業が盛んな地域です。
この小国杉が、どういった工程を経て私たちの生活の中に商品として届けられるのかを
順を追って体験してきました。

先ず最初は、山の中で小国杉を実際に伐採するところの見学からでした。

森林組合の方々のご協力により、チェーンソーを使って、
樹齢50年くらいの杉を伐採するところを見せていただきました。

久々に見る伐採の様子でしたが
改めて見ると、やはり生きている樹木を材料として使わせていただいているので
より大切に使っていきたいという気持ちになりました。

f0271898_10343125.jpg


次に訪れたところは木材共販所というところで、
ここは山から切り出してきた杉をセリにかけるために集積する所です。

一概に杉と言ってもいろいろな種類があり、
それぞれ特徴も違うという事を教わることができ、大変勉強になりました。
この知識を、今後の商品作りに生かしていきたいと思います。

f0271898_10344565.jpg


その後は、丸太の杉を板に加工をする製材所と、
その板を家具などに加工する木工所などを見学しました。

最後は、南小国町で有名なカフェ「林檎の樹」様のギャラリーにて
木工品の展示見学でした。

実は私はツアー参加者というよりは、この木工品のデザインを担当していましたので
新作や試作品を含めた商品のレイアウトや説明を担当しました。

先日の当ブログで紹介したカップや花瓶を始め、
新作のレターボックスやお風呂用椅子などを
初めて一般の方々に見ていただく機会をいただきました。

商品に関しまして、いろいろなご意見もいただきました上に
ご購入までしていただきました。心よりお礼申し上げます。

新商品や試作品は
近々、当HPにて正式にご紹介したいと思います。

稲垣 巌


                      新作花瓶各種
f0271898_1035361.jpg

                   林檎の樹様のパンとコラボ
f0271898_10351618.jpg

                       レターボックス
f0271898_1036084.jpg

by inagakidesignwork | 2015-08-21 13:50 | お客様 | Comments(0)

九州産業大学で講義を行いました

昨日、以前からお世話になっている
インテリアデザイナーのI様が非常勤講師をしています
九州産業大学でのインテリアデザイン演習という講義の中で、
ゲストティーチャーとして講義を行いました。

この講義は、I様と各分野の専門家とのコラボレーション授業という形式で行われ
様々なプロジェクト内における、インテリアデザイナーと各分野の専門家の関係性や、
役割分担を学生が学び、
その専門家の方々の意見を聞くことにより、学生の今後に生かすという事が
目的だそうです。
他の職種の方々は、照明デザイナーやサインデザイナー、園芸家、建築家などが
いらっしゃるそうです。

独学で家具デザインを学んだ私からすると
きちんと大学でデザインを学んでいる学生の方々に何を話せばよいのだろうかと
多少の戸惑いもありましたが、なかなか無い良い機会だと思い、
ベテラン家具デザイナーのWさんと共に、お引き受けいたしました。

授業は2コマ 計3時間ありましたので、そんなに長時間、話が出来るか
最初はかなり心配でした。

1コマ目は、どういった経歴や職種を経て家具デザイナーとなったかを
プロフィールと共に説明し、その後、
Wさんと共に行った別府温泉にある旅館のリニューアルプロジェクトの説明を行いました。

2コマ目は実際に家具(椅子)がどのようにしてデザインされ、形作られていくかを
1/1図面と1/5模型、そして実物の家具を使って説明していきました。
実際の椅子を見ながらデザインした意図や思いなども話しました。


その後は家具デザイナーの仕事の範囲や収入を得る仕組みなど
より具体的な話をする予定でしたが、
一方的な話をするよりは、学生の方々のこれからの目標や
それに対する現在の心境などをお聞きしたかったので
各個人との対話形式に変更させていただきました。

学生の方々は3年生でして
私も家具の道に進むことを決めたのがほぼ同じ頃でしたので
当時の自分を思い出し、とても親近感がわきました。

当時の自分と同じく、多くの学生はまだ
今後の将来像がはっきりと掴めていないようでしたので
今回の講義が少しでも何かのお役に立ってくれれば良いと感じました。


講義を終えてみて
私が教えるというだけでなく、
学生の方からも、いろいろと刺激や気付きを受けることが出来ましたので
この講義を引き受けて本当に良かったと思いました。

私も今まで多くの方々からのご支援をいただいた為に家具デザイナーとなることができ、
仕事も継続できていますので
より若い世代の方々に対して今後も、少しでもお手伝いできればと思っています。




Inagaki Design Works
http://www.inagakidesignworks.com

                       講義風景
f0271898_12123950.jpg


f0271898_13241716.jpg

                      使用した模型や試作品
f0271898_12131093.jpg

by inagakidesignwork | 2015-06-27 12:13 | お客様 | Comments(0)

Gallery9を追加しました

Gallery9を追加しました。

福岡市内中心地の上人橋通りにあります ” 焼鳥 Tono” 改め ” Tono ” 様の
リニューアル工事に伴い椅子をご採用いただきました。

中華料理のメインカウンターテーブルと焼鳥のカウンターテーブルにはユニチェア、
テーブル席や個室にはフェイムチェアが選ばれました。

中華料理のカウンターテーブルの奥にはガラス張りの厨房が見え、
料理長の調理する様子がエンターテーメントととしてご覧になれ、
焼鳥のブースでは焼き手との距離の近さが醍醐味の空間となっています。

おしゃれをして出かけたいような素敵な空間演出と
素晴らしいお料理をぜひご堪能ください。

Inagaki Design Works
http://www.inagakidesignworks.com

Gallery
http://www.inagakidesignworks.com/gallery/


f0271898_17221164.jpg

                    中華料理 : カウンターテーブル
f0271898_17204554.jpg

                      焼鳥 : カウンターテーブル
f0271898_1721272.jpg

by inagakidesignwork | 2014-09-16 13:36 | お客様 | Comments(0)

Gallery8を追加しました

Gallery8を追加しました。

箱根湯本駅に程近い箱根パークス吉野様が2013年12月に西館リニューアルを行う際に
客室等に家具を採用していただきました。

客室には通常のデュークシリーズのチェアやスツールに加え
そして座椅子タイプに高さを変更しましたデュークアームチェアをご使用いただきました。

最上階に位置する新設の貸切風呂のパウダールームには
パイクスツールが使用されています。

箱根温泉にご宿泊を検討される際にはぜひご検討ください。

Inagaki Design Works
http://www.inagakidesignworks.com

Gallery
http://www.inagakidesignworks.com/gallery/



                         西館客室
f0271898_14251682.jpg

by inagakidesignwork | 2014-05-31 14:25 | お客様 | Comments(0)