人気ブログランキング |

Inagaki Design Works News

idwnews.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

熊本に行ってきました 3

車中泊を終えた翌日は
家具会社を営むSさんのご自宅がある西原村に行くことにしていました。

SさんとWさんは昔からの知り合いで
私たちが福岡で集めた水などを送った相手がSさんでした。
Wさんも荷物を運んだ日以来行っていなかったそうなので、
私と共にSさんのご自宅に一緒に行くことになりました。

Sさん宅行く前に、
熊本市内で家具工房を開いているIさんの家具工房にも2人で行くことにしました。
Iさんの作品は伝統工芸館にも展示されていて、お会いするのは久しぶりになります。

工房に着くとIさんは、私達を快く出迎えてくれました。
地震の影響で立てかけてあった材料などが全て倒れてしまって
最近になってやっと片付けが終わったと言われていました。

木工機械や商品の破損などは運良く免れたそうで、
納品前の商品なども見せていただけました。
滞在中も余震が続いていましたが、Iさんは
「小さな地震はもう気にしなくなった」と笑っていましたのが印象的でした。

Iさんの工房を後にした私たちは、Sさんの自宅のある西原村に向かいました。
途中に地震の震源地でもある益城町を通過するのですが
天気が良かったせいもありますが、災害が本当にあったのかと思うくらい
のどかで、美しい田舎の風景の中を車を走らせて行きました。

ただ、美しい風景の中の所々にある、
日頃見ないような不自然に壊れた建物を目にする度に
やはりここは大地震が起こったところなのだと再認識させられました。

益城町を抜けるとSさんのご自宅にはすぐに到着しました。
Sさんのご自宅は広い西原村の中でもかなり熊本市よりに位置していて
美しい風景を望む緩やかな斜面に建っていました。

お宅では、Sさん、Sさんのお母様、Sさんのご友人がいらっしゃって
こちらでも暖かく迎えていただけました。
Wさんと私を加えた5人でお茶をいただきながらいろいろな話をしました。

話し込んでいるうちに昼食の時間になってしまいましたので
みんなで近くのカレー屋さんに行くことにしました。
このカレー屋さんは、インド人の方々が働かれていて、
地震当時も慣れない日本語での非難生活に大変苦労をしたそうです。
地震で観光客が減ってしまっている状況ですので
こちらの食堂でみんなで食事をすることも災害復興援助だという事で
みんなで食事をすることにしました。

この日は私たち以外にも作業服を着た復興関連の人たちなどでとても賑わっていました。
私とWさんは特大のナンにカレーが2種類、そしてなぜかご飯もついて(笑)
ドリンクにラッシーが付いたランチセットを注文しました。
本格的なインドカレーの味でとてもおいしく、みんなでたのしく食事をいただきました。


食事の後にSさんが車で、他の西原村の様子を見に連れて行ってくださいました。
西原村には古い民家も多く、断層近くの家々はかなりひどい状況で
胸が締め付けられる思いで車の中からその様子を見ていました。


この後は福岡の家具工場での用事がありましたので
それから少ししてから岐路についたのですが
今回、実際に熊本市や西原村を訪れてみて、元の日常生活に戻るまでは
まだまだ時間がかかることを痛感しました。

東日本大震災の時もそうですが
やはり実際に現地に行って、そこに住む方々から話を伺ってみないと
本当の大変さはなかなか理解できないのだなぁと思いました。
もちろん私もたった1泊2日でしたので、本当の理解には程遠いのですし
心の中の苦しさやつらさはきっと理解できないのだと思います。
ただその方々の気持ちに少しでも寄り添う事が出来ればと思いました。


今回の訪問に際し、機会を与えていただいたり、快く受け入れていただいた皆様、
大変お世話になりました。
これからも微力ですが、何かしらのお手伝いをしていこうと思います。

稲垣 巌

               西原村のカレー屋さん アソパラウ
f0271898_2072780.jpg

by inagakidesignwork | 2016-05-26 08:57 | お客様 | Comments(0)

熊本に行ってきました 2

お客様宅の修理を終えてから
同じ熊本市内に住むWさんのご自宅に向かいました。
Wさんは熊本在住のベテラン家具デザイナーで
若いころにはデンマークに留学し、ポール・ケアホルムに師事していました。
私とは、私がデンマークのPPムブラーに行く前に知り合い、
今では同じ家具メーカーでデザインを提供し合っていて、
いつもとても良くしていただいています。

Wさんのご自宅も地震の被害を受け、
一時期福岡の方へ、ご高齢のお母様と共に避難されていました。
その際にはWさんは1泊だけ我が家へ泊られました。
泊まられた翌日は、ご自身や私の知人方が手分けして集めた水や食料、医薬品などを
車一杯に詰めて、同じく被災されている方の元へ届けるために1人で戻られました。


その時以来の再会でしたが、Wさんのご自宅も屋根の瓦が落ちたりしていました。
Wさん宅で小休止後、Wさんと共に、私の商品を展示していただいている
熊本県伝統工芸館に向かいました。

伝統工芸館は熊本城の道を挟んで隣にあり、
運転をしながら、熊本城の悲惨な状況に目を奪われてしまいました。
伝統工芸館ももちろん無傷ではなく、
敷地内には無数の亀裂があり、土地の段差もかなり生じていました。


この日の夕食は私、Wさん、
そして熊本市内でビンテージ家具店を営むNさんの3人でした。
Nさんのご実家は地震の被害が最もひどい益城町でやはりご家族も被災されていました。
Nさんのお店も地震後約1か月間閉めていて、
余震が止む気配のない状況をとても心配していました。

夜はWさんのご自宅のそばで車中泊をしました。
Wさんはご自宅に寝ることをを勧めてくださいましたが、
初めから車中泊をしようと決めていましたので寝袋を持参していました。

私の車はワゴン車なので1泊だけ寝ること自体は全く問題ありませんでしたが
この日一日で見聞きしたことの考えると、ほとんど眠ることができませんでした。

稲垣 巌


                  伝統工芸館近くの熊本城城壁
f0271898_19445314.jpg

by inagakidesignwork | 2016-05-25 22:44 | お客様 | Comments(0)

熊本に行ってきました 1

先日の22(日),23(月)に熊本に行ってきました。

私のお客様で熊本市内にご実家がある方がいらっしゃるのですが
このご実家には高齢のお母様と妹様がお二人で住んでいるとの事。
今回の熊本地震では、敷地内にある2棟の住居があり
母屋の方は損壊がひどく、住める状態ではないという事でした。

もう一方の比較的新しい3階建ての住居にお二人で住まわれているのですが
女性2人という事でなかなか片付けが進まないようです。

落下した瓦などもつい最近になってボランティアの方々が袋何十枚分もの量を
片付けてくださったそうです。

地震が起きた直後は避難所で数日過ごされたそうですが
戻ってきてみるとなぜか1,2階が水浸し状態になっていたそうです。
それは地震で3階内部にある水道の配管が破損し、
断水していた為それに気が付くことができずに避難所に行っていたそうです。
そのうち断水が復旧し、破損した配管から水が流れ続け、
1、2階をずぶぬれにしてしまったという事でした。

家中を濡らした水は天井や壁の張り紙のあちこちを剥がしてしまって
その上そこにカビが生えてきてしまっていました。
地震で室内のドアなどが閉まりにくくなってしまった箇所もいくつかあり
日常生活に支障をきたしているそうです。


この話を知人を介して聞いた私はぜひ私でできることであればお手伝いさせてくださいと
そのお客様に連絡し、お客様と車で熊本市内に向かう事にしましたた。

日曜日の朝にお客様の福岡市内のご自宅から私の車で出発しました。
九州自動車道は思った以上に空いていて、順調に熊本市に到着しました。

住まわれている建物の方は、外観はあまり壊れた様子はありませんでしたが
中に入ってみると2,3階の壁に亀裂が縦に入っていました。
住まわれている妹様にお話を伺うと
いずれ大規模なリフォームをしなければならないが、業者が手一杯で
いつになるかわからないそうです。
それまでの間少しでも気分よく、落ちついて生活できるよう、
出来る範囲で良いので、修理をお願いしますと言われました。

私は自分の事務所の内、3部屋の壁や天井の壁紙は自分で貼り直しをしましたので
要領は分かっていました。
事前に購入していたカビ止め剤入りの糊を塗って、壁紙を貼り直して行きました。
1階から順番に張り直し、2階も終えてから、
今度は開きにくくなったドアなどの建具の修理を行いました。

昼食をいただいてから残りの作業を再開しました。
全てで半日ほどの作業でしたが、少しは生活環境が改善されたのではないかと思います。
他のボランティアの方々のように大変な作業ではありませんでしたので
お手伝いとしては大してた事はできませんでしたが、
今後もできるだけこのような活動を続けて行けたらと思います。

お客様のご実家を出た後は、同じ熊本市内のWさんのご自宅に向かいました。

稲垣 巌

                  崩落した熊本城にある神社
f0271898_10152563.jpg

by inagakidesignwork | 2016-05-25 17:27 | お客様 | Comments(0)

新商品を追加しました

Productsに新商品を追加しました。

1つ目はスギ材カップのシリーズでタイプE、F、G です。

A~Dのデザインとは逆のカーブで、手で包み込むカタチになっています。
Eタイプはおちょこの大きさで、エッグスタンドにもなります。
F、Gタイプはお茶を飲むためにデザインしました。
スギ材の柔らかさを両手で感じていただけたらと思います。

もう1つはトイレットペーパーホルダーです。

元々は熊本県の黒川温泉の旅館から
客室に設置するために木製のトイレットペーパーホルダーが欲しいという
依頼を受けてデザインしました。

シンプルな構造で、かわいらしいデザインとなりました。

稲垣 巌

Inagaki Design Works
http://www.inagakidesignworks.com


                       スギ カップE、F、G   
f0271898_1112951.jpg

                     トイレットペーパーホルダー
f0271898_11122129.jpg

by inagakidesignwork | 2016-05-05 11:20 | Products | Comments(0)